穏やかな海で。


f0044404_1372126.jpg




テレビからは繰り返し、悲壮な状況が流れている。
七里は何事も無く静まり返っている。

今まさに肉親を失い、泣き叫んでいる人がいる。
七里には暖かい浜でデートしている若者がいる。

押し流されて瓦礫になった町で、それでも頑張っている人がいる。
七里の沖にゆったりクルーズするヨットが見える。

誰も悪くないはずだけどぬぐい去れない違和感は残り続ける。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[ご質問等・亀山へのメールは。]
専用メールフォームからお送りください。


[これまでの作品はHPに掲載しています]
[Web ]亀山和明ギャラリーサイト

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
Commented by at 2011-03-13 20:17 x
どうしたらいいのでしょう。

テレビを見ては胸が苦しくなって、
でも見ないわけにはいかなくて。
穏やかな日々が目の前にあるけれど、
地震の事が頭から離れなくて…。
日本中みんなきっと同じ気持ちですよね。

絵を描くことの無力さを感じてしまいますが…
それでも描くことしかできないなぁとも思います。
Commented by かめやま at 2011-03-14 16:53 x
>香さん

僕の気持ちも同じような感じです。
今日の記事に今の気持ちを綴りました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tortoiseroom | 2011-03-13 13:21 | 絵描きの言葉 | Comments(2)

画家・亀山和明・鎌倉七里ガ浜を描いています。


by tortoiseroom
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30