原発の事。その2。

反対する事は簡単です。
でもそれだけでは何も解決しません。

僕はこんふうな社会をイメージします。
そうなればいいんじゃないかなと思います。

まずは原発。
新しい物は作らない。
そして,耐用年数の来た物から順番に停止していき,絶対に期間延長はしない。
そうすれば,何十年後には,原発は自然消滅します。

と同時に別の発電方法を考える。
10年計画くらいの中で各家庭での発電設備を整備する。
太陽光とか風力とかもう一度水力とか。もちろんその為の政策・資金援助を国がやる。
補助金出したり,減税したりすればみんな何とかするでしょう。
全部の世帯が今使っている20%くらいを自家発電すれば
原発が相当数減っても大丈夫なレベルではないかと。
工場や企業だって夜間電力とのバランスを組み替えたり、
操業時間の調整なんかすれば2~30%の電力消費は抑えられると聞きます。
それぞれ技術的な問題が今はあるかもしれないけれど
放射能汚染に比べたらね。十分に解決できるでしょう。日本なら。




節電だってもっとやるべきですよね。
ライフスタイルから変える。
意識を変える。

電気は好きなだけ使えるんじゃなくて、
決められた分しか使えなくすればいい。

例えば,家の平米数に応じた1世帯当りの一ヶ月の使用可能電力量を割り当てる。
余れば足りない人に売り,足りなければ余った人から買う。
こうすれば,全体使用料は計画的に減らす事が出来る。
電気代そのものを高くしてもいいと思う。

今だって現実に節電グッズがどんどん考えられていて
いろいろと話題に上りはじめている。
方向を変えると決まればみんなそれを考えて,時には商売も生まれて
世の中に元気が出る物だと思います。

今の構造でなければ日本が回らないなんてあり得ない。
日本人は賢いんだから。
どんどんアイディア出して,暮らしぶりを変えればいい。


そう考えれば,原発なくしたって大丈夫と思いませんか?


夏は暑けりゃ,ランニングにステテコはいて団扇あおいで
縁側でビール飲みながら高校野球見るんです。
昭和の時代はそれが日本の正しい夏だったんですよ。

絶対出来ますって。
原発のない世界。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tortoiseroom | 2011-04-20 14:51 | 絵描きの言葉 | Comments(0)

画家・亀山和明・鎌倉七里ガ浜を描いています。


by tortoiseroom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30