正直な気持ち。


f0044404_193735.jpg




震災の前も、その後も、僕は毎日この場所で海を描いている。
変わった事があるとするなら
綺麗な海や空を見ても、ただ穏やかになるのではなく
少し重い気持ちがつきまとう事。


あの日、この海は牙を剥いて、多くの人たちの命や生活を奪った。
まだ今もこの瞬間も、
家も、仕事も、愛する人も失った人たちの
時間は止まったままなのに、
愚かな衆達は、権力争いにしか興味が無い。

国会は福島でやってもらうといい。

それで同じ事をやっていられるなら
やってみたらいい。

避難所の体育館で寝泊まりしながら
権力争いしたらいい。



あまりにもたくさんの人の苦難を置き去りにして
制御すら出来ない怪物をまだ活かしておこうとする輩がいる限り
僕の心は晴れる日は無いのだろうと思う。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[ご質問等・亀山へのメールは。]
専用メールフォームからお送りください。


[これまでの作品はHPに掲載しています]
[Web ]亀山和明ギャラリーサイト

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tortoiseroom | 2011-06-09 19:47 | 絵描きの言葉 | Comments(0)

画家・亀山和明・鎌倉七里ガ浜を描いています。


by tortoiseroom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30