搬入まで、1週間を切りました。

朝陽を描いた。
強烈な朝の太陽が、辺り一面を「黄色の世界」にする。
黄色い光線には、朝独特のエネルギーが満ちあふれている。


そして、残すところあと1枚。

f0044404_2024150.jpg





















亀山和明個展 七里ガ浜・9 ライブラリー〜library
「1,096枚のスケッチ展」
東京広尾・EMON PHOTO GALLERY
●4月17日(火)〜4月29日(日)・23日(月)休館

本日、やっと、告知ハガキを発送いたしました!
●引き続き、告知ハガキご希望の方は、メールでお知らせください。


亀山和明ギャラリーサイトTORTOISEROOM<トータスルーム> で、
出品作を一部・先行公開してます。
[PR]
Commented by tomo at 2007-04-10 10:52 x
うわーーすごいですね。
朝陽ってこんなに眩しいんですか?
私が起きる頃は大体もう普通に明るいんですが
朝陽なんて最後に見たのはいつなんだろう?
私も子どもの頃、海の側に住んでいたんですよ。
夕日はよく社宅の2階の窓から見ていました。
でも朝陽はホントにすごいパワーを感じますね。

あっ、広尾で個展やるんですね。
また会いに行きますのでよろしくお願いします。

Commented by tortoise<トータス> at 2007-04-10 11:57 x
>tomoさん
今度是非、早起きして朝陽を見てください。
真っ赤な大きな赤い太陽がドンドンと眩しくなって
目がくらむほどの光になる瞬間は、なんとも言えず素晴らしい。
今日もガンバロ〜〜って気持ちになれますよ!
広尾の個展、来遊火曜日開幕です。
会場にはずっといますから、是非いらしてください。お待ちしてます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tortoiseroom | 2007-04-09 20:28 | 絵描きの言葉 | Comments(2)

画家・亀山和明・鎌倉七里ガ浜を描いています。


by tortoiseroom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30