友と呼べる男

f0044404_1220059.jpg

ガラパゴス佐藤進。
広告代理店の専属カメラマンだった彼と初めての仕事をしたのは、
僕がまだ駆け出しペーペーのデザイナーの時。
現場の事などわからないまま、ただ若さと勢いのみで繰り出される
僕の無茶な要求に応え続けた彼は、その事が起因して会社を追われてしまう。

やむなく独立した彼の事務所の名前は「ガラパゴス」。

厳つい風体の彼に、お似合いのネーミングだ。
決して出来がいいとは思えないアシスタントを抱え、表舞台を飾る華やかな仕事とは
一線を画した、無骨なスタイルで写真を撮り続けた。
後にアートディレクターとして海外ロケを仕切ることになった時、
僕はガラパゴスを呼んだ。
夜明けから夜中まで一緒に写真を撮りまくった。

それから、彼とはたくさんの酒を飲んだ。お互いが事務所をたたんだり、
ひとりになったり、僕が絵描きになった時もつかず離れずの距離は変わることはなかった。
決して仲間を裏切らない男・ガラパゴス佐藤進。
彼が撮り続けてくれている僕の展覧会風景の写真。
会場の真ん中で、この展覧会を見守ってくれています。
[PR]
Commented by pomme at 2007-04-25 19:37 x
あの魚眼レンズ風の写真にはそんな訳があったんですね〜、かっこいいですね〜〜。

今日はありがとうござました。
全部をじっくり見ることは出来なかったけれど、いつも見慣れた七里ガ浜の光景を、懐かしい広尾の、それも地下で潮風を思い出しながら、見ることが出来て、帰り道もじわじわ〜っと幸せ感がこみ上げて来ました。

こうして拝見していると、線がくっきりしていたり、大胆だったり、優しい色だったり、力強いタッチだったり、毎日毎日、同じものはなくて、トータスさんが全部展示なさった意味が、わかったような気がしました。

全部見るのは確かに大変ですが、見始めるとどんどんはまって行きますね!海の近くの皆さんも、都会で暮らす方も、たくさんの方に、七里ガ浜の英雄の絵を見てほしいです!!
Commented by chin at 2007-04-25 19:38 x
ガラパゴス佐藤進さん。懐かしいお名前です。お元気そうで。
佐藤さんの退社の原因がカメちゃん・・・。そんなことがあったんですか。ドラマになりそうなお話です。
本日伺おうと思いすっかりその気になっていたんですが、コタロウの調子が悪くなってしまったので中止となりました。もう元気になったので明日辺り伺っちゃおうかな。
Commented by kuriyokan at 2007-04-25 19:40 x
この写真たちもじっくり見せていただかなくっちゃ♪
そして、沢山のスケッチと原画。
うわぁーーーーーー。半日居そうだぁ…。
Commented by ジョージ at 2007-04-26 00:59 x
いい仲間・親友。プライスレスですね。(どっかで聞いたフレーズ(笑))
Commented by tortoise<トータス> at 2007-04-26 02:04 x
>pommeさん
そうなんです。今回3年分のスケッチを飾る展覧会だからこそ
あそこは、ガラパゴスの写真でなくちゃいけなかったんです。
3年間、短いようでやっぱり長い。
タッチも日一日変わってゆくので、そんな変化を
感じていただけたのなら、こんなにうれしい事はないですね〜。
Commented by tortoise<トータス> at 2007-04-26 02:06 x
>chinちゃん
あれあれ、コタロウくん、大丈夫ですか?
もう元気になったのね?じゃぁ、よかった!
ではでは、明日・・(日付ではもう、今日)お会いしましょう。
Commented by tortoise<トータス> at 2007-04-26 02:09 x
>kuriyokanさん
どうぞどうぞ、半日でも一日丸ごとでも。
お気に召すまで。こころゆくまで!

>ジョージさん
そうですね〜。お金を離れたところに本物って見えてくるんですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tortoiseroom | 2007-04-25 12:20 | 展覧会 | Comments(7)

画家・亀山和明・鎌倉七里ガ浜を描いています。


by tortoiseroom
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30