果てしない往復。

f0044404_18371750.jpg



自分で描いてる絵は
時に、世界で一番好きな絵になるが、大概それは長続きしない。
俺は、天才だ!と思い、翌朝目覚めると
それはいつもの感違いだって事に気づく。

絵を描き続けることは、
勘違いを確信と事実に変えるための孤独な作業なんだと思う。


今日のところは、まだ勘違いにも辿り着けてない。
[PR]
Commented by BIN at 2008-09-29 10:37 x
亀山さん、お久しぶりです。BLOGを楽しく拝見させて頂いてます。
先日近所の美術館へ、秋野不矩さんの絵を見に行きました。
僕の大好きな色がベースで、水牛が大河を渡る絵、とても感動しました。その時、何故か亀山さんのことが不思議と頭に浮かびました。
そして今日、BLOGを拝見していて、その名前が出ていたのにとても、とても、驚きました。
久しぶりにお逢いしたいですね。
Commented by かめやま at 2008-09-29 21:06 x
>BINさん

こちらこそ、お久しぶりです。
秋野不矩さん、見に行かれたのですね。

僕が一番引かれた絵も、そのシリーズで
あまり大きくないのですが「ガンガー」という作品です。
そこに描かれていた空の光がもうやばい・・・。
絵の前にずいぶんな時間立ち尽くしました。

またゆっくりそんな話もしたいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tortoiseroom | 2008-09-28 18:32 | 絵描きの言葉 | Comments(2)

画家・亀山和明・鎌倉七里ガ浜を描いています。


by tortoiseroom
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30